ニュース・トピックス

病気と薬の知識【研修内容】

2020年7月1日 研修・教育

★病気と薬の基礎知識

こんにちは、眞田です(^人^)

今回は、病気と薬の基礎知識についての研修内容をご紹介していきます。

◇介護職のための病気と薬の基礎知識

少し自分に自信がついてくると、スキルアップして行きたくなりますね。

そんなときが、育成のチャンス!!

新たな知識を身につけ、それが現場で役に立ったとき、プロとしての自覚が育っていくターニングポイントになります。

適切な介護サービスを提供するために、医学的な知識の習得と実践に向けた訓練を行い、最低限必要な基礎知識を学びます。

 

そして、実践で学んだ事例と結びつけることで、自信がつき、より良い介護の提供が出来るようになります。


目的】現場でより良い介護サービスを提供するために、高齢者に多い疾患の特徴とケアのポイント、及び薬剤に関する基礎知識を得る。

①加齢による心身機能の変化


②バイタルサインと観察


③薬の知識基礎
・高齢者と薬
・薬の一般的留意点


④高齢者に多い疾患とポイント~疾患の特徴と薬剤の副作用の発見ポイントケア提供時の留意点~
・心疾患
・神経内科
・呼吸器
・消化器
・腎・泌尿器疾患
・糖尿病
・骨粗粗鬆症
・視力低下
・認知症
・聴覚の変化


⑤医療食との連携 介護分野に求められるもの

お問い合わせはこちら 080-4584-3349 受付時間 9:30〜20:00

※着信に出られない場合、留守番電話サービスへ要件とお名前を入れていただければ、
折り返させていただきます。

お問い合わせフォーム メールでのお問合せは左のボタンを押下して、お問合せフォームよりお問合せください。