喀痰吸引等研修とは

たん吸引や経管栄養(医療的ケア)の実施は原則として医師や看護師以外は認められていませんでした。しかし、2012年4月の法改正により一定の研修を受けた介護職員等がたん吸引と経管栄養の実施ができるようになりました。

この研修を修了すると「喀痰吸引」と「経管栄養」が実施可能になります。

喀痰吸引等研修の種類と内容

喀痰吸引等研修には、第1号、第2号、第3号研修の3種類があります。

第1号研修は不特定多数の者に「喀痰吸引(口腔内・鼻腔内・気管カニューレ内部)」「経管栄養(胃ろう・腸ろう・経鼻)」が可能です。
第2号研修は不特定多数の者に「喀痰吸引(口腔内・鼻腔内)」「経管栄養(胃ろう・腸ろう)」が可能です。
第3号研修は特定の利用者に対してのみの「喀痰吸引」「経管栄養」が可能です。

1)講義・演習について

喀痰吸引等研修では、1号・2号研修とも、講義・演習内容に違いはありません。1号・2号の区分は、実地研修(実習)での実施項目の違いによります。

2)実地研修について

実地研修実施各項目は、①口腔内の喀痰吸引 ②鼻腔内の喀痰吸引 ③気管カニューレ内部の喀痰吸引 ④胃ろう又は腸ろうによる経管栄養 ⑤経鼻経管栄養となっております。
上記項目の中で、2号研修は①②④の項目、1号研修は①②③④⑤全ての項目を実施します。

※実地研修を就業事業所にて行うためには、事業所内に指導看護師が必要です。事業所内の看護師、又は連携体制のある訪問看護ステーションの看護師が指導看護師の資格(医療的ケア教員講習会修了証、又は喀痰吸引等指導者伝達講習会修了証)を持っている必要があります。
医療的ケア教員講習会は、弊社で開催中です。(詳しくはTOPページのニュース&トピックス参照。

現在募集中の喀痰吸引等研修はこちら

認定書交付までの流れ

事業所で喀痰吸引等を行うために(事業所の準備)

喀痰吸引等(医療的ケア)を行う事業所は、各都道府県へ申請し登録喀痰吸引等事業者(登録特定行為事業者)登録をする必要があります。申請には、認定特定行為業務従事者名簿を添付して提出します。

※認定特定行為業務従事者とは、
喀痰吸引等研修を修了した者(介護スタッフ)が、研修修了証明書を添付し、各都道府県へ認定特定行為業務従事者認定証交付申請書を提出し、認定書を交付された者をいいます。

研修受講から認定書申請までの流れ

申込「受講申込書・調書」をご記入のうえ、FAXにて弊社へお送りください。

必要書類・詳細を弊社より郵送いたします。

入金確認後、受講申し込み完了。弊社より受講票をお送りいたします。

受講 基礎研修50時間(座学)を受講していただきます。

筆記試験施行。基礎研修評価試験規定の合格水準(総得点の9割以上)をクリアすると合格です。

演習受講1日(実技)施行。実技の練習ではなく、実技のテストです。
(練習は各自就労施設において、シミュレーター等を使用し練習していただきます。人体への施行は禁止)。

実地研修(規定の回数以上を実施し、指導看護師が合格判定)。
実際に利用者様に医療的ケアをさせていただき、実技の評価をします。
※事業所内に指導看護師がいない場合は、実地研修までに資格を取得して下さい。医療的ケア教員講習会は弊社にて開催中。(詳しくはTOPページのニュース&トピックス参照

実地研修終了後、実地研修評価書類やその他必要書類を弊社に提出していただきます。

必要書類を監査・評価後、弊社より「喀痰吸引等研修修了証明証」を交付します。
(弊社へ書類到着後、2週間程度お時間要します。)

交付された「喀痰吸引等研修修了証」を添付し、認定申請を各自(受講者)にて行っていただきます。県が申請受理後、『認定証』が県から交付されます。
※事業所が登録喀痰吸引等事業者(登録特定行為事業者)でない場合は、事業所も登録申請が必要です。

医師の指示・看護師との連携のもと、喀痰吸引等をご提供ください。

お問い合わせはこちら 080-4584-3349 受付時間 9:30〜20:00

※着信に出られない場合、留守番電話サービスへ要件とお名前を入れていただければ、
折り返させていただきます。

お問い合わせフォーム メールでのお問合せは左のボタンを押下して、お問合せフォームよりお問合せください。